大阪のゴミ部屋というのは日常生活の中で自然にできていくもの

ゴミ捨て

大阪のゴミ部屋はこうやってできていく

大阪のゴミ部屋というのは特別な方法でできるわけではなく、日常生活の中で自然にできていくものなのです。見た目は普通の人なのに、住んでいるところはゴミ部屋だっていう人もいます。大阪の大阪でゴミ部屋はゴミを溜めたい、集めたい人が作るわけではなく、ごくごく普通の人が作ってしまうこともある。
大阪でゴミ部屋に住んでいる人だって、ゴミが好きなわけではない、きれいに片付いた屋敷に住みたいと思っていても、どんどんゴミが溜まっていく、そんなジレンマに悩まされていることもあるのです。
そんな人がゴミ部屋を作ってしまう過程は、とりあえず使ったものをしまわない。ここからゴミ部屋は始まっていきます。どんどん散らかっていく中で、コンビニで買って食べ終わった後の容器もテーブルにそのまま、飲みかけのペットボトルや食べかけのお菓子もそのうち食べるだろうと放置。そうしてどんどんと屋敷がゴミ部屋化していきます。しかも一回散らかってしまうと、これだけ散らかった屋敷を片すのは容易ではないから、次の休みにしよう。疲れたからまた次の休みにしよう…そうして、片付けるのが面倒になっていき、ゴミ部屋はそのまま成長していきます。
足の踏み場もなく、かろうじて寝る場所が確保されている状態。これは外ではごくごく普通の社会人の女性の礼ですが、そんな人もゴミ部屋に住んでいることもありえるんです。ゴミ部屋にしないためにも、日々の整理整頓は大事ですね。

ゴミを捨てられない大阪の人たち

大阪のゴミ部屋になる理由は年齢や性格や生活形態によって違いますが、ゴミを捨てそびれたことがきっかけというのもありますね。お年寄りはゴミの日を覚えるのが大変だし、今日が何曜日かも忘れて暮らしてる人もいます。引きこもり状態の人も同じじゃないですかね。大阪のゴミ部屋を脱却するためにたまに張り切ってゴミをまとめてみても収集日じゃない日に出して怒られた経験があると、ヤル気をなくしてしまいます。なのでそんな方はもし転居の機会があればいつゴミを捨てても構わないマンションやアパートを選ぶといいですね。
家事代行サービスのアルバイトをしていたときにタワーマンションにもよく伺いましたが、タワマンだからと言って中がきれいとは限りません。ゴミがあふれてキッチンカウンターの中がゴミだらけのお家はマンションのゴミ集積所が地下の場合が多かったですね。高層階からゴミを持って地下に行くのは手間なのは分かりますが、毎週家事代行が来るまで溜めてる家がいくつかありました。同じタワーマンションでもフロアごとに集積所のあるところは比較的ゴミは少なかったです。
捨てられなかったゴミ袋が家にある状況が普通になってくるとゴミを集めることをしなくなり、次にゴミを捨てることをしなくなり、ゴミが床に落ちても平気になり、ゴミを踏んで歩くようになる、そんな段階をふんで大阪のゴミ部屋が生まれていくように思います。

大阪のゴミ部屋について

大阪のゴミ部屋について解説していきたいと思います。まずゴミ部屋が出来るまでの流れです。捨てる方法がわからないモノや読み終わった雑誌や飲み終わったペットボトルをついつい並べてしまったり、疲れた人は服や化粧品や食べたモノをそのままにして月日を掛けてゴミ部屋と化していく。ゴミ袋に入れるのは良いですけど、面倒くさくてだしに行かないとゴミ部屋の原因になります。
次にゴミ部屋はどういった方が作っていくのかです。私もわりとゴミ部屋にしやすいのですが、仕事や遊び疲れて物を整理するのが面倒くさい、後でいいやと思う人やモノを捨てられない人がなりがちですよね。
次に大阪の自治体や行政等のゴミ部屋についての対策です。大阪だけでなく社会現象ともなっているゴミ部屋についてですが、住人だけに限らず周りの住民にも悪臭等により住環境を悪化させる原因ともなり、財産権の観点から行政も困惑している状況でしたが、解決策としてとある地方では、【生活環境の保全に関する条例】を公布しました。
内容として、強制退去を辞さないこと、家主の名前を公表できる。撤去費用として最大100万円まで補助する。これにより解決に向かっているゴミ部屋も多いそうです。
最後にゴミ部屋を片付ける業者についてです。どの業者に依頼すれば良いのかわからないのも事実。そんな時は御手持のパソコンやスマートフォンで、粗大ごみ回収の申し込みと検索すると最大10社まで比較してくれるサイトもあるので、安心して以来する事ができます。


■汚部屋.comで長年放置してきた大阪のゴミ部屋をきれいにしませんか。⇒ゴミ部屋大阪
大阪のゴミ部屋をスピーディーかつ丁寧な作業できれいにしてくれます。大阪でゴミ部屋にお困りの方はいますぐご相談ください。

INFORMATION

UPDATE POST

TOP